矯正歯科治療をする

医者が持つファイル

歯並びが悪いと健康面にも害が出るので症状が軽いうちに矯正歯科治療を行う必要があります。最近の矯正歯科治療は以前と異なって矯正装置が目立つものではないので安心して矯正歯科治療が出来ます。

Read more

常に気をつける

PCで作業する医者

歯医者に通う意外にも日頃から自分でしっかりとケアをすることが必要ですが、これはただ歯を磨くということだけでなく正しいやり方を行うことが重要です。また食生活も大きく関わりがありますので食生活にも注意が必要です。

Read more

矯正歯科治療の変化

医者と看護師

近頃の矯正歯科治療の方法には以前のように矯正装置が見えるような方法だけでなく矯正装置が見えないまたは目立たないように矯正歯科治療が出来るようになっていて、気にせずに歯並びを治すことが出来ます。

Read more

歯を大事にする

女医

治療にはレントゲン撮影で、その歯の虫歯の状況や神経があるかないかまでわかるようですが、歯科も内科同様、ホームドクターを決めておくべきです。 子どものころは乳歯から永久歯にはえかわり口の中もどんどん変わってゆくので、治療履歴は必要ないですが、中年から老年にかけて、1本の歯の価値が高くなります。 ドクターによって入れ歯にすべきか、インプラントにすべきか、ブリッジや差し歯で十分なのかなど、治療方針もかわります。 歯科治療の経過がカルテを見れば一目瞭然で、いつどの歯をどのように治療したか、それから今までどのくらい経過しているかがわかるからです。他の歯科にかわると、それらのデータの引き継ぎはまったくありません。将来的に医療費の増大をおさえるためにも、医師の間でこういう情報データが共有できるようになれば患者も医師にとっても理想的のはずです。

口内炎でさえも痛いですから、歯が痛いのか歯茎が痛いのか、実際の所見分けにくいです。特に大人の場合、過度の疲れや体調が悪い場合でも、口腔内の痛みを発生することがあります。歯科で調べてもらっても、痛みの原因になる直接の歯が発見されず、数日様子をみている間に痛みがおさまる場合もあります。 また逆に中年以降の虫歯は痛みを伴わない場合もあり、虫歯であることを見逃して月日が経って、抜歯以外に治療がなくなるほど歯根が蝕まれていることもあります。 そういった危険をはらんでいるので、虫歯の自覚症状や歯が欠けたり、つめものが外れたりといったことがなくても、毎日の丁寧な歯磨きだけでなく歯科で定期的な口腔内の掃除をしてもらうことが本当は大変大事なことです。

歯医者の利用

医者と患者

虫歯やインプラント治療や矯正歯科治療、最近では歯のホワイトニングで歯医者に通う人が多くなっています。歯医者はしっかりとしたところを選んでおかないと治療が進まないので気をつけることです。

Read more